古いバージョンのWordPressだからアップデートが不安……

まずは、当初のお悩みとコンサルティング・施策の結果をご紹介します

image_endoh
担当:首席技監 遠藤進悟

ご相談の背景はこちら
WordPressのバージョンアップをしたいが、あまりに古いバージョンだから今更自分でやるのが不安なのでお願いしたいとのご相談でした。
コマトキのサービスをご利用の結果
調査の結果、これを機に必要な修正も色々行った上で無事にアップデート、今は問題なくサイト運用出来ていらしゃるとのことです。

以下、詳細な施策の流れをご紹介いたします。

ヒアリング・調査で判明した状況

バージョンが古すぎて、管理画面からのアップデートだとエラーが起こる
プラグインも古いため、正常に動作しない
安全にアップデートしたい
システム WordPress(かなり古いバージョン)
状況 バージョンアップが必要だと痛感しているが、管理画面からのアップデートだとエラーが起こるので怖くて自分では出来ない。
使っているプラグインも古くなっているため、正常に動作しなくなってしまっている。
安全にアップデートしたい。

 

コマトキからのご提案

安全にアップデートするための詳細な調査
データのバックアップ
WordPressのバージョンアップと動作確認
プラグインのバージョンアップと適応
プラグインやテーマのエラー修正
代替プラグインへの変更などの機能の補完

調査

  • 現在のサーバ環境が最新のWordPressに対応できているかどうか
  • 今後の運用に支障がない環境にできるか(PHPのバージョンなど)
  • 利用しているプラグインの最終更新日と動作確認バージョン
  • 代替プラグインの調査

WordPressのバックアップ

すぐに元に戻せるように、現在のWordPressのデータベースとすべてのファイルのバックアップを行う。

WordPressのバージョンアップ

すべてのプラグインを停止しテーマをデフォルトに戻した上、WordPressのアップグレード及び、サーバの環境のバージョンアップを行う。

プラグインのバージョンアップ

WordPressの動作確認後、プラグインのアップデート及び適応を行う。

プラグインやテーマのエラー修正

更新が長く止まっているプラグインやエラーが出るものを代替プラグインに変更し、機能を補完する。
テーマも同様に、エラーが出ている箇所の修正を行う。

機能や閲覧のチェック

機能や閲覧のチェックを行い、サイトが通常に運用できるかどうかテストを行う。

継続提案

リニューアル

プラグインやテーマで対応箇所が多い場合や、サイト構造自体に不備が見られる場合など、これから運用していくうえで、無理が生じる可能性がある場合はサイトのリニューアルを検討して欲しいとお伝えしました。
また、サーバ環境に問題がある場合も移転の検討をお願いいたしました。

 

WordPressに関する疑問、課題の解決はコマトキにお任せください

豊富なWordPress関連サービス提供経験を元に、御社のWordPressシステムパートナーとしてサポートを行います。