有名ニュースサイトからの大容量アクセスにも耐える!人気WordPressブログのサーバ高速化

まずは、当初のお悩みとコンサルティング・施策の結果をご紹介します

image_endoh
担当:首席技監 遠藤進悟

ご相談の背景はこちら
WordPressでメディアを運営しているが、サイトが重くなる時間帯があり更新にも手間がかかってしまうため、表示の高速化をしたい。
コマトキのサービスをご利用の結果
処理制限がかからなくなったため、損失していた分のアクセスが増加。
また、処理速度が飛躍的にアップしたため、広告が表示されていてもページの表示速度を1s以下にしアクセスが集中しても快適にサイトの閲覧が可能に。

 
以下、詳細な施策の流れをご紹介いたします。
 

ヒアリング・調査で判明した状況

サイトの重さの原因は、共有レンタルサーバの処理制限にもあり?
WordPress本体やプラグインのアップデートがなされていなかったことも発見
サーバ 共有レンタルサーバの上位プラン
システム WordPress、独自カスタマイズされたテーマ及びプラグイン
状況 表示ができなくなるということはないものの、アクセス集中時にはコンテンツの表示までに結構な時間がかかる。共有レンタルサーバの処理制限にも引っかかっている可能性がある。
また、プラグインやWordPress本体のアップデートも必要。
ブログメディアということもあり画像が多く、そのロードにも時間がかかっている。

 

コマトキからのご提案

サーバをクラウドサーバに変更してWordPress最適化
セキュリティの観点からWordPress及びプラグインのアップデート
画像を最適化

 

施策1

サーバの引っ越し

サーバをクラウドサーバに変更し、WordPressの実行環境としてKUSANAGIを採用。KUSANAGIはテーマとプラグインの対応状況を考慮し、Nginx+php5.6を選択。
必要に応じてHTTP/2にも対応させる。

 

施策2

テーマの改修、WordPress・プラグインのアップデート

セキュリティの観点からもWordPress及びプラグインのアップデートも実施
継続的にアップデートが可能なようにテーマ内のプログラムを改修し、機能追加・バグの削除・最適化を行う。

 

施策3

画像を最適化、静的なファイルをキャッシュさせる

画像をWordPressのプラグインを利用し最適化・圧縮処理を施し、画像の容量を軽減。
また、より高速に表示できるように、静的なファイル(CSS、画像など)をキャッシュ機能を利用し配信する。

 

継続提案

 HTTP/2に対応
 テーマ・デザインのリニューアル

WEBサーバー関連は、ぜひお気軽にご相談ください。

豊富なWEBサーバの引っ越しおよび運用・保守経験を元に、御社のWEBインフラパートナーとしてサポートを行います。