1日50万PVにも耐えられる高速サーバーへのWordPressサイト引越

まずは、当初のお悩みとコンサルティング・施策の結果をご紹介します

image_endoh
担当:首席技監 遠藤進悟

ご相談の背景はこちら
レンタルサーバーでWordPressサイトを運営しているが、サイトが重いためサーバー移転をして欲しい。
1日50万PVにも耐えられる構築を希望している。
高速化もお願いしたい。
コマトキのサービスをご利用の結果
クライアント様側がサーバー知識に自信がないとのことなので、シンプルな構成をメインに、それとは別に拡張性の高さを鑑みた提案も行いました。
それぞれのメリットとデメリットを総合的に判断いただいた結果、拡張性の高いクラウドとのハイブリッド構成を選択されました。

 
以下、詳細な施策の流れをご紹介いたします。

 

ヒアリング・調査で判明した状況

50万PV/日に耐えられるサーバーへの対策がメイン
サーバ 共有レンタルサーバ
システム WordPress
状況 クライアント側のサーバーに関する知識が乏しい
50万PV/日に耐えられるサーバーであるということなので、帯域幅(共有100bps以上)を確保する必要がある

 

コマトキからのご提案

クライアント様側がサーバー知識に自信がないとのことでしたので、シンプルな構成中心に提案
それとは別に拡張性の高さを鑑みた提案も行う

 

提案1

専用サーバ1台のみ(帯域幅オプション)

 

メリット
  • 構成がシンプル
  • 保守するサーバーが1台で済む

 

デメリット
  • 拡張性が乏しい
  • アクセスが増えて捌ききれなくなった場合に、サーバーの構成自体のリニューアルが必要になる

 

提案2

専用サーバ+さくらのクラウドのハイブリッド構成

専用サーバ:データベースサーバ
クラウド:Webサーバ+ロードバランサー+帯域幅オプション

 

メリット
  • 拡張性が高い
  • 予想以上にアクセスが増えた場合でもWeb領域のクラウドを増やすことで対応できる

 

デメリット
  • サーバーの構成が複雑になる、台数も増える →保守にかかる費用が上がる
  • サーバーを利用する費用が高い
  • 初期設定費も上がる

 

提案3

Google Cloud Platform(AWS)を利用する

 

メリット
  • オートスケールなので保守にかかる費用を抑えられる
  • スモールで始められる
  • 拡張性は高い
  • GCPの場合、Googleのインフラを利用できる

 

デメリット
  • 使った分だけ利用料金がかかるため、固定額ではない(費用が計算できない)
  • サーバーの構成が複雑になる。且つGCP(AWS)に関する知識がある人が保守する必要がある
  • GCPの場合、東京リージョンがまだない ※日本からのアクセスが若干遅い可能性がある

 

WEBサーバー関連は、ぜひお気軽にご相談ください。

豊富なWEBサーバの引っ越しおよび運用・保守経験を元に、御社のWEBインフラパートナーとしてサポートを行います。